日向市東臼杵郡医師会運営の看護高等専修学校です。

在校生からのメッセージ

  • HOME »
  • 在校生からのメッセージ

黒木 雅美

 看護師になることを志して本校に入学しました。学生として勤務し、指導していただく中で、看護師の業務の多さ、知識の深さ、さらに勉強会など、知識や技術の向上を図る意識の高さに驚きました。資格を取ることが学ぶことのゴールではなく、資格取得しても看護師として働く中で、日々成長していきゴールはないと思いました。

学校では「看護師とは」という講義もあり知識・技術・態度について学びます。実際に患者さんと接する中で、三つとも、とても重要な要素でそのバランスが大切であると言う意味が分かってきたように思います。

知識があれば援助の際、患者さんの変化等に気付き疑問を持ち、理解できることも増え、技術があれば解決できることもあります。態度も深く関わり、患者さんと良い関係を築いていれば気づきも増え患者さんのより良い援助につなげることもできます。全てを向上させていく必要があると感じました。

患者さんから教わることもたくさんあります。私の勤務している医院には、入退院を繰り返す患者さんも多く、援助させて頂く中で、いつも辛そうに背中を丸めて呼吸している姿を見て、背中をさすると「あなたに背中をさすってもらえると病気が治るよ、ありがとう」と嬉しそうにお礼を言って下さいます。その言葉に私のほうが嬉しくなりました。

四月から勤務させて頂き、そんな患者さんたちとの出会いから、私は、患者さんたちに必要とされる立派な看護師になりたいと強く思うようになりました。

今、自分にできることを考え努力して、看護師に日知ような知識・技術・態度・をしっかり学び身につけていきたいと思います。

興梠 直貴

 私は今、勤務病院で働きながら学校に通っています。

本校に入学するまでは、まったく違う職種の職場で働いていました。そこでは、仕事と言えば機械操作がほとんどで、人と接することがあまりなく、私はそんな環境で働いている内に人と接する仕事、人から感謝されるような仕事に就きたいと思うようになり、興味のあった看護師になるため本校に入学しました。

入学してからは、現在の勤務病院で働くようになり、学生の業務は、配膳、下膳、オムツ交換や入浴介助と今まで体験したことのないことばかりで、特にオムツ交換と入浴介助は、慣れるまでに時間がかかり、正直、これが自分の就きたい仕事なのか?と考えることもありました。

しかしある患者の入浴介助を私がするようになり、いつも無口でコミュニケーションをはかることが難しかったその患者さんから最後の入浴の日に初めて「ありがとう」と言われて、とても嬉しかったのを今も覚えています、

その言葉は今までのどんな「ありがとう」よりも嬉しく、心に響き、看護師になって、もっともっとそういう体験をしたいと思わせてくれた一言でした。

看護師は感謝されることばかりではなく、ときには辛いこともある仕事だと思います。しかし、私が出会った看護師は何事にも不平・不満を言わず一生懸命働いていて、すごい人たちだと思います。これから、私もこのような先輩方を目標にして少しでも近づけるように頑張りたいと思います。そして、人から感謝される人間、看護師になりたいと思います。

看護学校情報

携帯端末で下のQRコードを読込みすると、電話やメールのあて先が表示されます。

アクセスカウンター

  • 40472総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 9昨日の訪問者数:
  • 193月別訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 日向看護高等専修学校 All Rights Reserved.